奇跡の血量

奇跡の血量18.75%理論

近親配合は大きく能力を引き出す場合がある半面弊害が多い、この弊害が出ないぎりぎりの血の濃さが18.75%と言われている。
いわゆるインブリードで3代前祖先の血量12.5%と4代前祖先の血量6.25%が共通の馬である場合。
4×3で12.5+6.25=18.75%になる。

代数の数え方は自身が1代目、父が2代目、父父(祖父)が3代目、父父父(曾祖父)が4代目になる。

ディープインパクトの血統構成の場合

ディープ血統馬名.png

自分自身(ディープインパクト)が1代目、仔の血量は50%
父のサンデーサイレンス、母のウィンドインハーヘアが2代目、仔の血量は25%
祖父のHalo(父父)、Alzao(母父)、祖母のWishing Well(父母)、Burghclere(母母)が3代目、仔の血量は12.5%
曾祖父のHail to Reason(父父父)、Understanding(父母父)、Lyphard(母父父)、Busted(母母父)、曾祖母のCosmah(父父母)、Mountain(父母母) Flower、Lady Rebecca(母父母)、Highclere(母母母)が4代目、仔の血量は6.25%
となる。

奇跡の血量を狙えるのは3代目以降の馬。
WinningPostの場合ディープインパクトでは、HaloかWishing WellかLyphardのクロスで4×3の18.75%を狙う事が出来る。


奇跡の血量の狙い方、作り方

種牡馬の3代目か4代目の父馬が複数子孫を残してる馬の場合、奇跡の血量が成立するように配合を組み立てる事が出来る。

3代目と4代目に同じ馬を配合するため、理屈として3代目に同じ馬を持っている種牡馬同士は相互に4×3が狙いやすい。
どちらかが1代経れば4代目に同じ馬を持つという事になるため絶好相性といえる。
ディープインパクトでいえば3代目にHaloがあるが、同じく3代目にHaloを持っている馬(キングヘイローなど)の牝駒はHaloを4代目に持つ繁殖牝馬ということになり、ディープインパクトと掛け合せると4×3の奇跡の血量が成立します。

4代目にあたる馬の奇跡の血量を狙う場合は、3代目に同じ馬を持っている牝馬を用意する必要がある。
この場合2代目に同じ馬を持つ種牡馬の牝駒が3代目を持つ馬となる。
ディープインパクトでいえば4代目のLyphardで奇跡の血量を狙う場合、Lyphardを2代目に持つ種牡馬(ダンシングブレーヴなど)の牝駒が3代目にLyphardを持つ繁殖牝馬となり、ディープインパクトと掛け合せると4×3の奇跡の血量が成立します。

まとめ
  • 3代目にあたる馬のクロスを狙う場合、同じく3代目に同馬を持つ種牡馬の牝駒を作る。
  • 4代目にあたる馬のクロスを狙う場合、2代目に同馬を持つ種牡馬の牝駒を作る。




  • 最終更新:2015-10-16 19:13:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード