スペシャルウィーク

スペシャルウィーク概要

スペシャルウィーク(1995-現在)おもな勝ち鞍は1998年東京優駿(日本ダービー)、1999年天皇賞春、1999年天皇賞秋、1999年ジャパンカップ。
17戦10勝G1級レースは4勝。
父サンデーサイレンス産駒の2頭目のダービー馬、テイエムオペラオーに抜かれるまで当時の賞金王であった。
1999年度JRA賞特別賞受賞。


3歳時(旧4歳)

3冠ロードでは1番人気に支持されダービーを制覇、主戦武豊が騎乗停止中のジャパンカップではエルコンドルパサーの3着に敗れる。

4歳時(旧5歳)

戦法を好位抜けに変えAJCC、阪神大賞典、天皇賞春と3連勝するが宝塚記念ではグラスワンダーに完敗。
秋の復帰戦での京都大賞典にも敗れ限界説が流れるが、元の終いのキレを生かす後方待機策に戻して天皇賞秋、ジャパンカップと連勝する。
引退レースでの有馬記念ではゴール前猛然と追い込みグラスワンダー以下を捉えたかのように見えた、直後に武豊騎手が勝利を確信しウィニングランをするも写真判定でグラスワンダーに4センチ残されていることが判明、2着に敗れる。


主な産駒
シーザリオ(優駿牝馬、アメリカンオークス)
ブエナビスタ(阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞、優駿牝馬、ヴィクトリアマイル、天皇賞秋、ジャパンカップ)
トーホウジャッカル(菊花賞)


スペシャルウィークの血統構成(馬名、系統)

スペシャルウィーク馬名.jpgスペシャルウィーク系統.jpg


狙える配合理論一覧



種付け時に反映される8代系統の種類(血脈活性化のつけ方、血統構成の系統 参照)

  1. ヘイルトゥリーズン
  2. テディ
  3. ニジンスキー
  4. ハイペリオン

スペシャルウィーク用の牝馬作成配合例

種付けでスペシャルウィークを6段階爆発させるには爆発力252以上が必要になる。

スペシャルウィークの血統構成から狙える配合理論は以下
フォースニックス
奇跡の血量
牝馬クロス(母父アウトオブアメリカ使用)
実在馬ボーナス
血脈活性化小
母父〇
(お笑い配合)


血脈活性化を維持しながらサンデーサイレンスの共通ニックスで牝系を作り、Wishing WellかHaloかマルゼンスキーの奇跡の血量を狙う。
  1. Wishing Wellの牝馬クロスとHaloの奇跡の血量を狙う場合アウトオブアメリカを母父に使う。
  2. Haloの奇跡の血量を狙う場合キングヘイローを母父に使う。
  3. マルゼンスキーの奇跡の血量を狙う場合ウイニングチケットを母父に使用する場合と母母父にサクラトウコウを使う場合の2種類がある。

以下に各バージョンの簡易配合表。
赤字=種付けする種牡馬
青字=奇跡の血量が成立するサイアー

母父にアウトオブアメリカ使用の場合

...

母父にキングヘイロー使用の場合

...

母父にウイニングチケット使用の場合

...

母母父にサクラトウコウ使用の場合

...




サクラトウコウ母母父バージョンが現在手に入る種牡馬で作成出来る上に、配合順的にも理に適っているといえる。
持続傾向を強めたい場合も一番優れている配合となる。



血脈活性化の付け方、ニックスの付け方などは 配合理論詳細解説 参照



  • 最終更新:2015-12-27 01:11:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード