サイレンススズカ

サイレンススズカ概要

サイレンススズカ(1994年5月1日-1998年11月1日)おもな勝鞍は1998年宝塚記念。
16戦9勝、G1級勝利は1勝。
1998年JRA特別賞を受賞。





3歳時

遅生まれ(5月)のため入厩は2歳の冬と遅かったが、デビュー前から坂路で1番時計を出すなど破格の動きをみせて、競馬関係者の間で広く知られるようになる。
評判通りデビュー戦は7馬身差の圧勝を飾る。
同レースに騎乗していた武豊騎手はこれは痛い馬を逃したと語り、後に自ら騎乗を売り込む程サイレンススズカに惚れ込んでいる。
2戦目の弥生賞は出走前にゲートを潜ってしまう。
これで外枠発走になったスタートは、致命的に出遅れ(10馬身以上)てしまい敢え無く敗退。

20日間の出走停止処分のため皐月賞は諦めて自己条件に回ると1秒以上後続を離して圧勝。
ダービートライアルのプリンシパルステークスでは、先を見据えて控える競馬を試みながら、後の菊花賞馬のマチカネフクキタルを抑えて勝利。
しかし本番のダービーではこの控える策が完全に裏目になり、全く折り合わず着外に終わってしまう。
この結果を受けて、以後は無理に控える事はやめるようになる。

秋初戦の神戸新聞杯では、快調に飛ばして逃げ切りを図るがゴール寸前にマチカネフクキタルに差され2着。
騎乗していた上村騎手が追うのを一旦やめた直後に差されたのが問題になり、その責任を問われる形で主戦から降板することとなる。
続くG1レース2戦(天皇賞秋、マイルCS))は河内騎手が手綱を取るも着外に沈んでしまう。
その後は、自ら売り込み騎乗を申し込んできた武豊騎手を主戦に据えて、4歳時の快進撃が始まる。



4歳時

2月のバレンタインステークスから始動。
レースではコーナーで息を入れる事が出来るようになるなど進境を見せ、4馬身差で快勝。
続く中山記念では、折り合いがつかず直線内に刺さりながらも重賞初制覇。
さらに中京の小倉大賞典と金鯱賞ではともにレコードで勝利。
金鯱賞は4連勝中で菊花賞馬のマチカネフクキタルや、5連勝中で後に香港国際Cを勝つミッドナイトベットという強敵が相手だったが1秒8差の大差勝ちをしている。
この頃から折り合いを含め完成の域に近づき、強力な二の脚を使うサイレンススズカのレース振りを武豊騎手は「逃げて差す」という風に表現している。

金鯱賞の後は休養予定だったが宝塚記念に急遽出走する。
主戦の武豊騎手がエアグルーヴに先約があるため南井騎手での参戦。
レースは連勝中とは違い、4コーナーで引き付けての逃げでステイゴールド以下を凌いでG1初勝利。
レース後、南井騎手はナリタブライアンに匹敵する馬と称賛。

秋は毎日王冠で始動。
後にグランプリ3連覇(有馬記念、宝塚記念、有馬記念)をするグラスワンダーと、ジャパンカップ勝利やアウェーの凱旋門賞でモンジューと差のない競馬をするエルコンドルパサーの2頭の無敗馬も出走。
この豪華メンバーのレースがあったため、毎日王冠が以後スーパーG2と呼ばれる所以となっている。
レースでは59キロを背負いながらも、2着のエルコンドルパサーに影すら踏ませず完勝。
ここで負かした相手の後の活躍が、サイレンススズカの評価を高める事になる。

6連勝でを迎えた最大の目標の天皇賞秋は、アクシデントが無ければ負ける要素がないとまでいわれていた。
しかしこのレースで、そのアクシデントが起こってしまう。
レースは金鯱賞と同じように他馬を突き放し、楽勝するかと思われた矢先の3コーナーで突然の失速。
左前脚の手根骨粉砕骨折を発症し、予後不良となり短い生涯を終える。



今でも関係者の間では、見せてきたパフォーマンスからサンデーサイレンスの最良の後継になりえた馬、と言われている。
血統背景も当時飽和状態であったノーザンダンサーが無く、交配面でのメリットからも惜しまれている。



サイレンススズカの血統構成(馬名、系統)

サイレンススズカ馬名.jpgサイレンススズカ系統.jpg
狙える配合理論一覧



種付け時に反映される8代系統の種類(血脈活性化のつけ方、血統構成の系統 参照)

  1. ヘイルトゥリーズン
  2. テディ
  3. ミスタープロスペクター
  4. ヒムヤー


サイレンススズカ用の牝馬作成配合例

種付けでサイレンススズカを6段階爆発させるには爆発力256以上が必要になる。

サイレンススズカの血統構成から狙える配合理論は以下
フォースニックス
奇跡の血量
牝馬クロス(母父アウトオブアメリカ使用)
実在馬ボーナス
血脈活性化小
母父〇
(お笑い配合)


血脈活性化を維持しながらサンデーサイレンスの共通ニックスで牝系を作り、Wishing WellかHaloかMr.Prospectorの奇跡の血量を狙う。
  1. Haloの奇跡の血量、Wishing Wellの牝馬クロスを狙う場合アウトオブアメリカを母父に使用する。
  2. Haloの奇跡の血量を狙う場合キングヘイローを母父に使用する。
  3. Mr.Prospectorの奇跡の血量を狙う場合はMr.Prospectorの直仔を母父に使用する。

以下に各バージョンの簡易配合表。
赤字=種付けする種牡馬
青字=奇跡の血量が成立するサイアー

母父にアウトオブアメリカ使用の場合

血脈活性化は消えるが爆発力は一番高い。
サイレンススズカ サンデーサイレンス Halo    
Wishing Well    
ワキア Miswaki Mr.Prospector  
Rascal Rascal    
アウトオブアメリカの仔 アウトオブアメリカ ウォーエンブレム    
マイライフスタイル Halo  
wishingwell  
マルゼンスキーの仔 マルゼンスキー    
カンパニーの仔 カンパニー  
    トウカイテイオーの仔 トウカイテイオー
      基礎牝馬
フォースニックス(50+8)奇跡の血量(40+8)(牝馬クロス40+8)実在馬ボーナス(実在ランク依存+8)母父〇(10+8)
Wishing Wellは牝馬クロス。
Haloの奇跡の血量も成立。
6段階爆発にするのにはフォースニックスにする必要がなくダブルニックスでも可能になる。
この表の様にフォースニックスにしなくても爆発力は足りる。

サイレンススズカ実在ランク20で爆発力260、実在ランクが1上がる毎に爆発力+5
※この配合のみが正しいわけではありません。


母父にキングヘイロー使用の場合

サイレンススズカ サンデーサイレンス Halo    
Wishing Well    
ワキア Miswaki Mr.Prospector  
Rascal Rascal    
キングヘイローの仔 キングヘイロー ダンシングブレーヴ    
グッバイヘイロー Halo  
シンボリルドルフの仔 シンボリルドルフ    
トニービンの仔 トニービン  
    フサイチコンコルドの仔 フサイチコンコルド
      基礎牝馬
フォースニックス(50+8)奇跡の血量(40+8)実在馬ボーナス(実在ランク依存+8)血脈活性化小(10+8)母父〇(10+8)
キングヘイロー以外は同系統の種牡馬、もしくは血脈活性化を潰さないニックス系統ならなら代用可能。
ニックス繋ぎにこだわりが無い場合、この表で言うとフサイチコンコルドはサンデーサイレンス系のニックス系統の種牡馬なら何でも良い

サイレンススズカ実在ランク20で爆発力250、実在ランクが1上がる毎に爆発力+5。
実在ランク22から6段階爆発可能。
※この配合のみが正しいわけではありません。

母父にMr.Prospectorの直仔使用の場合

この表ではGulchで表示。
サイレンススズカ サンデーサイレンス Halo    
Wishing Well    
ワキア Miswaki Mr.Prospector  
Rascal Rascal    
Gulchの仔 Gulch Mr.Prospector    
Jameela    
シサクラトウコウの仔 サクラトウコウ    
アサヒナスミjレの仔 アサヒナスミレ  
    トウカイテイオーの仔 トウカイテイオー
      基礎牝馬
フォースニックス(50+8)奇跡の血量(40+8)実在馬ボーナス(実在ランク依存+8)血脈活性化小(10+8)母父〇(10+8)
母父にMr.Prospectorの直仔(有効因子付に限る)以外は、血脈活性化を潰さないニックス系統ならなら代用可能。

サイレンススズカ実在ランク20で爆発力250、実在ランクが1上がる毎に爆発力+5。
実在ランク22から6段階爆発可能。
※この配合のみが正しいわけではありません。

Mr.Prospectorの直仔はN種牡馬にたくさんいるがSR以上になるとGulchかGone Westとなる。
強い母馬を作成するにはSRが望ましいので血統的にGulchが有望となる。



血脈活性化の付け方、ニックスの付け方などは 配合理論詳細解説 参照



  • 最終更新:2016-01-18 13:14:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード